IMAGEnet イマージュ

2009年12月05日

乾燥肌を変えるスキンケア


乾燥肌は、角質層の水分が足りない状態のお肌のことで、水分も皮脂も足りない
タイプと、皮脂の分泌は多いけど水分が足りない、インナードライのタイプが
あります。


どちらのタイプの乾燥肌にも大切なスキンケアのポイントは、皮脂膜を壊さない
正しい洗顔と充分な保湿で保水力のある角質を育てることです。


乾燥肌を変えるお手入れ法

◆毛穴の汚れや余分な皮脂だけを取り除く、天然クレイ洗顔料を少量のぬるま湯で
少し泡立て、やさしくお顔全体に広げた後、25℃〜30℃くらいのぬるま湯で洗顔料
を洗い流します。


すすぎ過ぎは皮脂を取りすぎることがありますので注意しましょう。
また、肌がヒリヒリしたり、炎症しているときは、お水で洗うほうが良いです。


◆洗顔後は、タオルで優しくおさえるように水分をふき取ってください。
力を入れてゴシゴシ拭くと角質が傷ついてしまいます。


◆洗顔後は直ぐにローションで保湿をするのがポイント。
優しくじっくり時間をかけて、たっぷりローションを浸透させましょう。

週に2回はフェイスマスクをすると効果的です。
その上からラップをするとより効果的です。
マスクは10分間くらいで大丈夫です。
それ以上長くマスクをする場合、シートが乾燥して逆にお肌の水分を吸い取ら
ないように注意してください。


◆その後は、保水力のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合
されているゲルや美容液などでしっかり保湿をしましょう。


◆体の中からの水分補給も大切です。1日2リットルくらい水分を補給しましょう。
コーヒーやお茶など利尿作用が高いものは、かえって乾燥させてしまいますので、
お水を飲むようにしましょう。お水はあまり冷たすぎるものは避けて、
常温に近いものの方が吸収がいいと言われています。





posted by kinotak at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お悩みケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。