IMAGEnet イマージュ

2009年11月26日

大注目の新アンチエイジング成分!!


今、大人気の新しいアンチエイジング成分と言えば、EGFとFGF。


EGFは表皮細胞を増殖し、FGFは真皮を生成する線維芽細胞を増殖します。
お肌の表皮に働くEGFと真皮に働くFGFをスキンケアに効果的にとりいれる事で
細胞レベルからのお肌の若返りが実現します。


このように、とても優れたアンチエイジング効果をもつEGFとFGFですが、
その効果が発揮されるには、それぞれの成分が作用する場所に
浸透させることが必要です。


ですが、EGFとFGFはともに親水性が強く油に溶けない性質のため、
単純にこれらの成分が配合された美容液などを塗っても、
私たちの天然の汗と皮脂でつくられるお肌のバリア(角質層)を
通過することができません。


また、FGFは私たちの体内で作られるタンパク質ですが、
それ自体がとても不安定で、体内で作られるとすぐに分解してしまう
という弱点があります。FGFが効果的に働くには、
真皮に浸透させると共に、FGFを安定化させ、
FGFとそのレセプター(受容体)と結合をさせることが重要です。


このFGFの弱点を克服してくれる新成分が以前にもご紹介しました
分割ポリリン酸です。分割ポリリン酸がお肌の真皮に浸透すると、
FGFの機能を増強して、線維芽細胞を増殖します。
またコラーゲンの生成を促進する効果もあります。






posted by kinotak at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お悩みケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。