IMAGEnet イマージュ

2009年11月13日

大人ニキビの改善法(1)


ニキビ治療で使用される成分には、レチノイド、トレチノインとも
呼ばれるビタミンA(レチノール)の誘導体やサリチル酸、
過酸化ベンゾイルがあります。

しかし、これらの成分は、お肌の弱い方や乾燥肌の方には、
お肌に対する刺激が強すぎてしまいますので、
ビタミンC配合の製品がオススメです。


「ビタミンC」がお肌に大切な成分で、美白効果があることは
よく知られていますが、ニキビ改善にもとても有効な成分です。

ビタミンCには、皮脂の過剰な分泌を抑え、
殺菌効果でニキビの炎症を抑える効果があります。
また、メラニンの合成を抑制する美白効果によって、
ニキビ跡や毛穴の黒ずみを改善します。

さらに、コラーゲンの生成を促進させる効果と肌細胞の新陳代謝を促進させる効果がありますので、痛んだ肌を内側から修復してなめらかなお肌に整えます。 これだけでも十分に効果がありそうですが、
ビタミンCの効果はまだあります。
それは、坑酸化作用で老化を防止する効果とストレスを抑制する効果です。


前回お話したように、ストレスも大人ニキビの大きな原因です。
過度なストレスがかかると、副腎から坑ストレスホルモンである
アドレナリンが分泌されてストレスに抵抗します。
このときに必要になるのがビタミンC。

ビタミンCは、ストレスへの抵抗力を高めるのに欠かせないものなのです。


次回は、ニキビやニキビ跡の改善に効果的なビタミンC配合製品を
使用したお肌のお手入れ方法についてお話します。






posted by kinotak at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お悩みケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。