IMAGEnet イマージュ

2009年11月10日

アンチエイジングを真剣に考える(その4)


「アンチエイジングと抗酸化」


 皆さんもよくご存知の、抗酸化が今日のテーマです。


●人は年齢とともに、体に錆びが始まります。
 体の活力を失い、硬直してゆき、酸化のストレス
 にさらされてゆきます。

 体のエネルギー工場であるミトコンドリアの壁は錆びています。
 酸化のストレスはフリーラジカル(不安定な分子で、
 細胞や組織を破壊する自然の)の副産物です。


● 我々が体験している美容面での例をあげると、
 太陽に直接さらされることでできた老化のサインであるシワは、
 もっとも代表的なフリーラジカルダメージです。


● ラッキーなことに、体内でビタミンA, C, Eと一緒に自然に
 生産される栄養素のグルタチオンやアルファリポ酸のような
 抗酸化物質は、細胞を保護する素晴らしい働きをします。

 フリーラジカルから細胞を守ることは、体内とお肌の老化の予防と
 老化に立ち向かう上での基本になっています。


● 抗酸化ビタミンを含むマルチビタミンとアルファリポ酸は
 サプリメントとして摂取することができます。

 しかし、最も重要な抗酸化物資として信じられているグルタチオンは、
 食事から摂取することは容易ではありません。
 その上サプリメントとしても吸収が悪いのです。

 ただし、グルタチオンの構成物であるアセチルシステインと  セレニウムを摂取すれば、体が抗酸化物質として働いてくれます。






posted by kinotak at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お悩みケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。