IMAGEnet イマージュ

2009年11月10日

アンチエイジングを真剣に考える(その2)


「アンチエイジングのセオリー1 炎症」


 アンチエイジングと聞けば、少し詳しい方なら、
 まずはカラダの「酸化」を思い浮かべることでしょう。

 しかし、あえて私が一番重要と考える「炎症」
 を最初のテーマに持ってきました。

 「炎症」(英語でinflammation)はアメリカでは
 アンチエイジングを語るときのお決まり文句になっています。

 アンチエイジングの専門家であるドクター・マークハイマン氏
 によると、“炎症”とは、感染、アレルゲン、毒素などの侵入
 により人間の抵抗力を活発化させることだそうです。

 炎症には、目に見える炎症と目に見えない炎症があります。
 目に見える炎症とは、日焼けなどでその箇所が赤くなったり、
 痛みや腫れを起こすものです。

 しかし、我々の知らないところで低レベルの
 しかも目に見えない、感じることもない細胞レベルの
 炎症というものもあります。

 この目に見えない炎症というのは、
 体に好ましくない食事、睡眠不足、紫外線などによって
 カラダの中で密かに引き起こされているのです。

 この低レベルの炎症が、関節炎、癌、アルツハイマー、心臓病、
 そして美容的にはシミ、シワや肌のトラブルをもたらすのです。


 アメリカのドクターズコスメの草分け、ドクター・ペリコン曰く、
 「我々の皮膚は、内側からと外側から、常に炎症をもたらす
 要素に曝されているのです。日焼け、空気の汚染、
 強いソープ、スキンケア商品、病気、睡眠不足、
 砂糖の摂取、脱水症状、などなど・・・

 これらの炎症を最小限に食い止めることによって、
 病気を最小限にし、寿命を延ばし、美容的には
 若々しいお肌をもたらすことができるのです!」


★『必須脂肪酸』をたくさん含む自然食品を食べること
 αリノレン酸(亜麻、しそ)
 EPA(さば、いわし、さんま)
 DHA(かつお、まぐろ)
 γリノレン酸(コーン、紅花、大豆)
 アラキドン酸(レバー、卵)
 オレイン酸(オリーブ、菜種、アーモンド、ピーナッツ、アボカド)

★避けるべき食品
 『砂糖』(特にジュースなどに含まれる異性化糖)
 『飽和脂肪』(コレステロールの合成を増やす、
 脂身の多い肉、ベーコン、ソーセージ、ロースハム、
 チーズ、バター、油で揚げたラーメン、ポテトチップス、
 チョコレート、クッキー、ビスケット、ドーナツ、ケーキなど)、
 『トランス脂肪酸』(マーガリンやショートニング)

 まずここからスタートしてみましょう!

 その上で、適度な運動をすることで自然の
 抗炎症メカニズムが身に付くのです。






posted by kinotak at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お悩みケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。