IMAGEnet イマージュ

2009年08月03日

正しいシャンプーについて【美しい髪の基礎知識】


毎日のことだから差がつきます。正しいシャンプーで髪と頭皮をイキイキと。

1 ブラッシング

髪がからんだままシャンプーすると、髪が傷む原因になってしまいます。シャンプーの前に軽くブラッシングすることで髪についたフケやほこりも落ちやすく、皮脂の浮き上がりも良くなるため、シャンプーがより効果的に行なえます。


2 プレーンシャンプー

たっぷりのお湯で髪全体を洗い流します。これで大部分の汚れが洗い流され、シャンプーの泡立ちも良くなります。 ワックスなどのスタイリング剤を使っている人は特に念入りに。


3 スチーミング

湿らせた髪全体を蒸しタオルで巻き、5分ほどそのままにします。シャワーキャップなどを利用するとなおグッド。 頭皮の毛穴を開かせることで皮脂が浮き上がり、汚れが取りやすくなります。毎日が無理だったら、曜日を決めて行なうなど習慣化するとよいでしょう。


4 シャンプー

シャンプー剤を手のひらに取り、よく泡立ててから髪になじませます。頭皮を揺り動かしながら生え際から頭頂部、下から上に向かって2〜3回位くり返してください。このとき、爪を立てたり、髪をゴシゴシとこすり洗うのは絶対に避けること。


5 すすぎ

シャンプーの2倍くらい時間をかけて丁寧にすすぎます。すすぎ残しが多い耳の後ろや額の生え際はよりしっかりと。毛先にもシャワーをかけながら手ぐしの要領で優しく洗い流してください。 ※シャンプー剤が残ってしまうとフケやかゆみの原因になったり、毛穴が詰まって髪に負担がかかってしまいます。


6 トリートメント

髪に水分や油分を補いたいとき トリートメントは髪の内部に栄養をしみ込ませるものです。シャンプー後、水分を軽く拭き取ってから適量を髪全体にのばし、時間をおいてから充分に洗い流します。


7 リンスシャンプーのあとは必ずリンスを

髪の表面に薄いコーティングを施してキューティクルを整え、髪にツヤを与えます。つけたらすぐに洗い流してください。

※トリートメントとリンスの使い方
頭皮につけると毛穴がふさがれてしまうので、髪になじませるようにしてください。また、両方とも使う場合は、トリートメント→リンスの順番に。


8 ドライ

タオルドライ
タオルで髪をはさみ、軽く押さえながら髪の水分をそっとタオルに吸い取らせていきます。次に頭皮も、タオルの上から指の腹で押さえる感じで水分を吸い取らせていきます。

ドライヤー
タオルドライで8割がた乾かしたら、手で髪をかき分けながら頭皮を乾かすようにドライヤーをあてます。髪が熱くなるまであてると髪が傷むのでほどほどに。あとは自然乾燥でOKです。

※ドライヤーは髪から15cm以上離して使ってください。また、熱が1カ所に集中しないように、ドライヤーを小刻みに動かしながら乾かします。

※頭皮を長時間濡れたままにしておくと、細菌が繁殖してかゆみやフケの原因になります。早めに乾かしましょう。


無料ヘア・チェック!




posted by kinotak at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘアケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。