IMAGEnet イマージュ

2009年07月28日

年代別、髪の悩み。髪の悩みは年齢とともに変化。【美しい髪の基礎知識】


あなたの髪年齢は何歳ですか?いまの髪の状態をきちんと知ってください。


髪の悩みは年齢とともに変化。「曲り角」は30代後半に訪れます。

以前は放っておいても健康だった髪なのに、最近なぜか元気がない、思い通りにスタイリングできなくなつた.....こんな悩みに直面していませんか?

髪の悩みは年代によって変化します。20代は、「枝毛・切れ毛」、「髪の傷み」などが多く、30代では「パサツキ」や「抜け毛」、そして「白髪」の悩みが出始めます。40代以降では「白髪」や「髪のボリューム」に関した悩みが大半を占めるようになってきます。

女性の髪の悩みは、ホルモンと深い関係があるといわれています。30代後半から40歳を過ぎる頃から、女性ホルモンが減少し始めることや、 加齢によって細胞の働きが鈍くなることで髪の毛の一本一本が細くなり始めます。

髪が細くなり、ハリ、コシも失われると、髪の量は変わらなくてもボリュームがなくなったように感じます。また、外部からの刺激でより傷みやすくなることから美しい髪のツヤなどにも影響が現れてきます。もちろん髪のダメージは、女性ホルモンや加齢以外にもさまざまな要因が考えられますが、いずれにせよ、肌や体型と同じように髪にもすこしづつ変化は訪れています。

年代別、髪の悩み

あきらめずに、いまの髪をキレイに、生まれてくる髪を健康に。

年齢とともに、髪は確実に傷みやすく、弱くなっています。とはいえ、こうした変化は生命あるものにとってはごく自然なこと。 それに私たち女性の場合、広範囲に髪が薄くなったり、脱毛するなどの劇的な変化ではないので、お手入れによっては、 髪年齢の若さをキープしやすいようです。

たとえば、悩みの上位にあげられる「髪がボリュームダウンして薄く見えてしまう」場合も、お手入れ次第でこれから生まれてくる一本一本の髪を太く、 元気にできるはずです。

年齢のせいとあきらめる前に、美しい髪を取り戻すためにいままで以上に髪をいたわって、慈しみながら、楽しみながらお手入れする。そんな前向きな気持ちでいることが、結果的にはホルモンバランスを整え、髪もからだもイキイキと美しくなることにつながるはずです。


無料ヘア・チェック!




posted by kinotak at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘアケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。