IMAGEnet イマージュ

2009年07月19日

髪が細い人は、薄毛になりやすい?【髪のしくみ、それってホント?】


生まれつきの髪の太さは、薄毛とはまったく関係ありません。
ただし髪がだんだん細くなってきたら、ご注意を。



髪が細い人は、薄毛になりやすい? 髪の太さは遺伝によって決まるといわれ、薄毛とはまったく関係ありません。

むしろ頭皮の健康状態によって、脱毛や薄毛が起こるのです。

日本人の平均的な髪の太さは、細い人で約0.05mm。

太い人で約0.12〜0.15mm。

普通の人でも0.08〜0.09mmほど。

その特徴は太くてまっすぐな髪質といえます。

本数は少ない人で約7〜8万本、多い人で約11〜12万本。

平均では10万本といわれています。

また髪は、生えはじめてから抜けるまで成長期・退行期・休止期を経て、その寿命は普通2〜6年。

自然に抜けた髪は休止期の状態なので、髪の太さは変わりません。

しかし、普段の抜け毛より細くなってきたら要注意。

身体が急激にやせると何らかの変調をきたしていることがあるように、髪だって同じ。髪が痩せた原因を見つけて、しっかりと対処をすれば、髪も元気を取り戻します。


無料ヘア・チェック!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。