IMAGEnet イマージュ

2009年06月12日

【脱毛は遺伝する?】ヘアケアの基礎知識

脱毛は遺伝する?

「父親の髪が薄い・・・、祖父が薄い。だから自分もいずれ・・・」と思っているかた、多いのではないでしょうか?

脱毛しやすい体質を遺伝

脱毛は遺伝する? 父親はもちろん親戚筋が脱毛家系である場合、残念ながら、脱毛の可能性があると思って間違いありません。脱毛と遺伝は密接な関係があるのです。
家系を見ると、将来の頭髪像がある程度予想できるといえます。
ただし、「脱毛は止められない」と悲観的になる必要はありません。
脱毛そのものが受け継がれるわけではなく、脱毛しやすい “体質の条件”が遺伝するからです。


遺伝しやすいのは、"男性型脱毛"

いろいろある脱毛タイプの中で、遺伝しやすいのは男性型脱毛というものです。
男性型脱毛は、"男性ホルモン"、"5αリダクターゼ"という酵素、そして"レセプター"の3つが関係して起こります。
つまり、男性ホルモンの分泌力が旺盛で、かつ、男性ホルモンを補足するレセプターが毛根周辺に多数存在し、5αリダクターゼという酵素の活発な働きが重なって脱毛をまねくのです。


予防が大事

脱毛家系にいると思いあたるなら、早めの予防をし脱毛を抑えたいものです。
脱毛しやすい体質が遺伝する可能性は高いにしても、「オヤジが薄いから息子の自分もそうなる」とは限りません。
事実、条件が変化して無事な人もたくさんいます。
正しい理論に基き、間違いのないケアを行えば、脱毛の危険性は小さくなるのです。


女性は遺伝の影響を受けにくい

髪の毛は女性ホルモンの影響を受けやすいので、女性は体質遺伝の心配は少ないといえます。
もっとも、あくまでも(女子)男性型の場合であって、皮脂が関係する"脂漏(シロウ)性脱毛"、フケが関係する"粃糠(ヒコウ)性脱毛"、ストレスや免疫疾患が関係する"円形脱毛"は女性でも起こりえます。
もし、あなたが脱毛家系にいるなら、まず日々の生活習慣を規則正しいものに変えましょう。
「身体に悪いことは髪にもよくない」というのがポイントです。





posted by kinotak at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘアケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。